満員御礼


パナデリアでは定期的に「香りの会」を主催しています。

主宰の三宅が、バニラやチョコレート、フルーツ、花などの香りを系統的に分け、お菓子に香り付けをするなど、その味の変化や合わせる飲み物などを研究しています。 基本的にはナチュラルな香料を選択し、洋酒と合わせて、そのマスキング効果や、 香りの段階的な変化を、まるでワインを楽しむかのように体験を重ねています。

今回はゲストにコーケンフード&フレーバの中島様を迎え、お菓子と発酵の香りを楽しむ会を企画しました。 前回に引き続き、「ハイアットリージェンシー東京」の佐藤浩一シェフにお願いして、 デザートコースを仕立てていただきます。
今回は特に「発酵の香り」ということで、酵母菌や麹菌、乳酸菌、酢酸菌などが発酵の過程で生産する様々な香りをテーマに 大人の香りを楽しんでいただく予定です。
なぜ「発酵の香り」に至ったか、とても面倒な説明を読みたい方は こちらへ


最初にゲストのコーケンフード&フレーバの中島社長に香りについての基本的なレクチャーをお願いし、発酵の過程で生産される香りの成分や特徴を説明していただきます。中島社長はソムリエを目指す方のために「Winaroma]という香りの学習セットを開発された方で、現在は食品のフレーバや菓子素材を製造する会社を経営されております。 そのあと、佐藤シェフがこの日のために考えてくださったコース仕立てのアシェットデセール(皿盛りデザート)を楽しんでいただきます。 デセールは、間にグラニテを挟んだ全4皿、そして最後にプティフールというデセールコースです。

佐藤シェフにもご同席いただき、それぞれのデザートについてご説明いただきながら、 ご参加のみなさんと歓談したいと思います。皆さん、ふるってご参加ください






佐藤 浩一 (さとう ひろかず)

「Patisserie Sadaharu AOKI」の青木定治氏に師事し、
フランス各地で出会った多くの特産物を用いたお菓子作りを
通してパティシエとしての原点を築く。フランスのコンクールでは
2度の入賞経験を持つ。素材が持つ本来の味にこだわり、魅力を
そのまま活かすために培った技術を駆使して珠玉の逸品を作り出す。
スペシャリテはマカロン、ショコラを使ったケーキ。



満員御礼



● 日時
2017年4月24日(月)

「香りの会」 15:00〜17:30
受付開始 14:30
● 場所 ハイアットリージェンシー東京 2F「CAFFE」
アクセス
新宿駅西口より徒歩約9分
地下鉄大江戸線都庁前駅A7出口C4連絡通路経由で徒歩1分
地下鉄丸ノ内線西新宿駅より徒歩約4分
無料送迎シャトルバス 新宿駅西口小田急ハルク前よりホテルまで、シャトルバス(無料送迎)が20分間隔で運行
詳しい地図はこちらをご覧ください↓
http://www.hyattregencytokyo.com/restaurant/access/
● 参加費 6,500円
● 定員 15名


● お申し込み方法
お申込は氏名、メールアドレス、電話番号を明記の上、下記よりお願いいたします。
sysop@panaderia.co.jp

その後、パナデリアから参加費用の決済などのご案内を差し上げますので、
それに従い事前のお支払いをお願いします。尚、一度お支払いただいた参加費用は
返金いたしかねますので、ご予定などよくご確認の上、お申し込みください。


前々回の様子はこちらへ
前回の様子はこちらへ